家賃を決める基準

交通環境に恵まれているか

交通環境に恵まれ、買い物もしやすい。おまけにハイグレードな設備が標準仕様。三拍子揃った理想の賃貸物件です。これだけの条件が揃っていれば、家賃が高くなるのは想像に難くありません。家賃にふさわしい物件かどうかは、ここに挙げた3つの条件にマッチするかどうかを参考に探していけば間違いありません。一つずつ見ていきましょう。
まず、交通環境は、通勤に便利かどうかで判断します。最寄り駅までの時間や電車の利便性が基準になります。他にも複数路線が利用できるのか、急行が停車するのかなどもチェックしておくと良いでしょう。電車以外にも路線バスも運行していれば申し分ありません。バスは周辺移動に便利で、電車がストップした際の代替手段となり得るからです。

買い物環境や賃貸物件の設備は整っているか

次に、買い物環境をみていきます。具体的には、徒歩圏内にスーパーやコンビニ、ドラッグストアがあるのかどうかをチェックします。スーパーが近くにあれば毎日のお買い物がとても便利です。コンビニもちょっと小腹が空いた時やがATMでお金を下ろす際に重宝します。
最後は、賃貸物件の設備についてです。防犯対策として、オートロックや防犯カメラ、テレビ付きインターホンが設備されていれば、安心して暮らすことができるので、できればこれらの設備が整った物件を選びたいところです。共用設備には、不在でも荷物が受け取れる宅配ボックスや24時間ゴミ出し可能なゴミステーションなど快適な生活が送れる設備が備わっていることが良い物件の条件となります。お部屋については、システムキッチンや温水洗浄便座、オートバスなどハイグレードな設備が備わっていれば申し分ありません。収納スペースがあるのかどうかもチェックしておきましょう。