理想の環境とは

騒音NG!静かな環境を選ぼう

ふだん、仕事や学校などで日中は外出していたり、家事で忙しくしていたりすると周囲の音は気にならないかもしれません。しかし、家でゆったりリラックスをしている時や睡眠時には、周囲のささいな音も騒音として煩わしく感じられてしまうものです。毎日の生活の基盤となる家なので、気持ちよく過ごしたいですよね。
物件選びの際には部屋の防音性も確認しておくことが大切です。壁が薄く、テレビの音や隣人の咳払いまでも聞こえてくるような物件では、生活音が丸聞こえです。住んでみなければわからないこともありますが、できる限りチェックしておきましょう。
また、交通量の多い大きな道路沿いや夜間の活動性の高い場所では、外で発生する騒音も気になります。窓を閉めていても、夜間の通行する車や人の騒がしさも気になりますので、夜は静かな場所であるかどうかも確認すると良いでしょう。

近くにどんなお店・病院があるか?も重要

どんなに素敵な内装で静かな住環境でも、身近に何もない立地であると、生活に不便さを感じます。徒歩圏内に、どんなお店があるかも物件選びでは大切になります。
近くに24時間営業のコンビニがあると大変便利です。お酒を飲んだあとでも、必要なものをすぐに買いにいくことができます。スーパーやドラッグストアなど、生活に必要なものを買いそろえることができるお店も、近場であると便利でしょう。
また、身近に内科の病院があると、急な発熱や体調不良の場合に駆け込むことができます。具合が悪いと自力での移動もままならないので、近くに病院がある立地を選ぶと、いざという時に安心です。
このように、利用頻度の高い店があったり、いざという時の病院があったりする立地を選ぶことが、過ごしやすい環境の条件となってきますので、物件選びの際には確認するようにしましょう。