譲れない条件を明確に持つ

賃貸の条件を新築や築浅に設定する

賃貸物件は非常に多くあり、希望の条件を絞らずに検索するとかなりたくさんの物件情報が出てくるときがあります。この時に安易に決めてしまうと、いざ住み始めてから後悔する可能性があります。理想の賃貸物件を見つけるためにも、譲れない条件を明確に持っておくと良いかもしれません。賃貸物件にはそれぞれいつ建てられたかの情報があり、建てられたばかりの新築もあれば、建てられてからあまり期間が経過していない築浅物件もあります。新築や築浅は物件が新しいので、非常にきれいで設備も新しいです。古い物件に比べると住みやすい可能性があります。新しい物件を利用したいときにはその他にリノベーション済み物件があります。外観は古そうでも中の設備が新しくなっています。

賃貸で角部屋を選べばトラブルが少ない

一戸建ての住宅は、他の住宅と接する部分がありません。一方マンションやアパートなどの集合住宅は、隣の部屋や上下の部屋と接しています。周りの人の生活音が気になるときもありますし、自分自身の音が周りに迷惑をかけているのではないかと気を遣ったりもします。理想の賃貸物件を選ぶときの条件として角部屋かどうかがあります。マンションなどはそれぞれの階に複数の部屋があり、大抵の物件には右端と左端の角部屋があります。角部屋は一方の壁の向こうに部屋がないので、両隣に部屋がある部屋に比べると音を気にしなくて済みます。自分がたてる音に気を遣ったりもしません。ファミリーで利用するときだと子供の声に気を遣ったりしますが、角部屋なら安心して利用できます。